SF6020Hフルカバーファイバーレーザー切断機
ファイバーレーザーカッターの詳細については、ボタンをクリックしてください。

SF3015H完全保護ファイバーレーザーカッターは、一種の金属切削レーザーマシンです。 1kw〜6kwのレーザー出力のファイバーレーザー装置を搭載しており、中厚板の切断時に安定して稼働します。そして6050mm×2530mmまでの作業領域選べます。
従来のCO2、YAG、ウォータージェット、プラズマと比較して、ファイバーレーザーは最新のレーザータイプであり、最高品質のビーム、高い光電効率、信頼性、低メンテナンスなどの明らかな利点があります。
詳細またはファイバーレーザーカッターの価格については、電子メールでお問い合わせください。

型番 SF3015H / SF4020H / SF6020H / SF6025H
作業領域(mm)
3050 * 1530 /4050 * 20306050 * 2030 /6050 * 2530
X軸トラベル 1530mm / 2030mm / 2530mm
Y軸移動 3050mm / 4050mm / 6050mm
レーザーパワー 1KW / 1.5KW / 2KW / 3.3KW / 4KW / 6KW
最大移動速度 130m /分
最大加速度 1.0G
X / Y軸の位置決め精度 ±0.05mm / m
X / Y軸の繰り返し位置決め精度 ±0.02mm

鋳造アルミビーム

航空宇宙規格鋳造アルミニウムビーム、高精度、優れた靭性、軽量、耐食性、抗酸化、
密度が低く、処理速度が大幅に向上します。

オートフォーカスレーザーヘッド

さまざまな焦点距離に適した、焦点は切断プロセス中に自動的に調整されます。これにより、さまざまな厚さの金属シートの最良の切断効果を実現できます。レーザーヘッドは障害物を積極的に回避し、レーザーヘッドが基板に当たる確率を大幅に減らします。

炭素構造用鋼溶接ベッド

ベースは、高品質の炭素構造鋼の溶接、焼鈍処理、人工時効半仕上げ、5軸中央仕上げを採用しており、溶接と加工による応力を排除し、高強度、優れた剛性、変形のない長時間のベッド操作、処理精度を向上させます。 断面設計により、ファンのエネルギー損失を効果的に減らすことができます。供給トロリーとベースは、底部の空気吸入ダクトを回避するための戻りシールを形成します。

自動トレースエッジ

自動トラッキング、自動ネスティング、2倍の効率、滑らかな表面。

リアルタイムモニタリング


O包括的な監視システム
プロセス全体を監視

効率的なダスト除去


作業環境は清潔で整頓されています
マシンダスト室内排出基準を満たすことができます

小さな足跡


業界よりも小さい床面積、高いスペース使用率、床面積12.5%小さい。

研究開発能力
革新は未来の名刺です。私に従ってください、自己開発のレーザーヘッドとレーザーデバイスを見てください。
アプリケーション資料
SF4020H高出力ファイバーレーザーマシンは、軟鋼、ステンレス鋼、アルミニウム合金、真鍮、その他の鋼の切断に使用されます。自動車業界、板金業界、家具業界、広告業界などでのアプリケーション。
銅
炭素鋼
炭素鋼
ステンレス鋼
ステンレス鋼
顧客サービス
24時間年中無休のオンラインサービス
利用できる海外サービス
海外支店がサービスを同期
今すぐ無料見積もりを入手
ファイバーレーザー金属切断機に関する必要な情報が得られない場合、またはファイバーレーザー切断機価格、お気軽にお問い合わせ。オンラインサービスがすぐに回答します。
SF3015Hファイバーレーザー切断機は、最大25 mmの金属シートと、炭素鋼、ステンレス鋼、真鍮、アルミニウムなどの他の材料を切断できます。詳細な要件については、お問い合わせください。私たちは世界中のエージェントと顧客を探しています。

製品に関するお問い合わせ
たぶん、あなたは他のファイバーレーザー金属カッターについてもっと学ぶつもりです、以下のモデルを見てください、それがあなたに役立つことを願っています。
特徴 製品

クイックリンク

連絡する

 +86-531-88737920
 senfeng@sfcnclaser.com
+86-13210546543

フォローする

著作権©2020済南Senfengテクノロジー株式会社すべての権利予約