レーザークラッディンググリーン製造

数ブラウズ:2     著者:laura     公開された: 2024-02-12      起源:パワード

レーザークラッディング技術は材料表面改質技術の重要な方法の一つで、エネルギー密度の高いレーザービームを利用して異なる成分、性能を持つ合金と基材表面を急速に溶融させ、基材表面に基材と全く異なる成分、性能を持つ合金層を形成する急速凝固過程です。急速な熱により、基体は熱の影響を最小限に抑えられ、変形はありません。融層合金の自己成型系で、組織が緻密で、結晶粒が微細化し、硬度と強靭性が向上し、表面性能が大幅に向上します。レーザークラッディング技術は伝統的な電気溶接、アルゴンアーク溶接などの熱間加工過程で避けられない熱変形、熱疲労損傷などの一連の技術難題を解決します。


レーザークラッディング技術には、従来の多くの表面処理技術と比較して、次のような大きな利点と特徴があります:

冶金結合強度が高いです。レーザクラッディングは、高エネルギーレーザビームの集束エネルギーが非常に高いという特徴を生かし、ワーク表面を瞬時に微溶融させるとともに、ワーク表面をプリセットまたはレーザビームに同期して自動的に送り込まれた合金粉末を完全に溶かすことができます。レーザービームがスキャンされると、基体の自己冷却によって急速に凝固し、基体冶金と結合した緻密な被覆合金レイヤーが得られます。

硬さと厚さは選択できます。レーザクラッディング後の溶着層硬度はHRC20-62から選択でき、溶着厚さは必要に応じて調整できます。

耐摩耗·耐食性が高いです。レーザーラッディングにより、通常の炭素鋼ワーク表面に耐食性、耐摩耗性、性能に優れた合金層をレーザー溶着し、ワーク寿命を向上させます。

コストとエネルギー消費量を削減します。レーザークラッディングは、基材表面に冶金結合、合金成分と性能が異なる合金コーティング層を形成することにより、低コストの基材上に高性能合金機能層を形成することができ、材料コストを削減できます。

溶着品質が高いです。変形が少なく、機械的再現性が良く、界面組織が緻密で、結晶粒が微細で、穴がなく、亀裂がないなどの欠陥がありません。

レーザークラッディング技術は新しい表面処理技術であり、発展の見通しが非常に高いです。レーザークラッディングは、従来の修理方法では解決できなかった材料の選択の限界、工程過程の熱応力、熱変形、材料結晶粒の太さ、基体との結合強度の保証が難しい矛盾を解決しました。さらに、基材よりも優れた金属表面を製造することができ、部品の使用を再開すると同時に、部品の寿命を延ばすことができ、企業の生産コストを大幅に削減できます。

現在、中国の工業製造技術の絶え間ない革新に伴い、レーザー溶着技術はすでに新素材の製造、金属部品の迅速な製造、摩耗金属部品の環境保護再生の重要な手段の一つになって、現在すでに航空、石油、自動車、機械製造の各分野で広く使用されています。

以上、レーザーきクラッディング設備について簡単にご案内しましたが、レーザークラッディング設備についてもっと知りたい場合は森峰までご連絡をお願いします。

WhatsApp:+86 132 1054 6543



クイックリンク

製品情報

お問い合わせ先

 +86-531-88737920
 senfeng@sfcnclaser.com
+86-13210546543

Leaveメッセージ
お問い合わせフォーム

著作権©2021济南森峰激光科技股份有限公司 権利予約