ファイバーレーザー加工機についてのビデオは、ボタンをクリックしてください.

板金ファイバーレーザー加工機について

第4世代SF3015Hファイバレーザー加工機は、レーザー出力は主に6kWから20kWの高出力用に設計されています。完全密閉タイプは労働者を保護し、環境に優しくて。自動交換可能なテーブルも装備されています。これにより、ローディング時間を節約し、処理効率を向上させることができます。交換時間は20秒間で交換することできます。

ファイバーレーザー加工機について詳しい内容はメールでお問い合わせください。

 

ファイバーレーザー加工機の技術的パラメータ

 
型番 SF3015H / SF4020H / SF6020H / SF6025H / SF8025H / SF12025H
作業面積(mm) 3050 * 1530/4050 * 2030/6050 * 2030/6050 * 2530/8050 * 2530/12050 * 2530
レーザー出力(KW)

15/12/12/12/12

最大速度(m /分)

130

最大加速度(G) 1.0

X / Y軸位置決め精度(MM / M)

±0.05

X / Y軸繰り返し位置決め精度(mm)

±0.02

 
 

最大切断厚さ

 
6KW 8kw 12kw 15kW 20kw

炭素鋼(mm)

0.4~25

0.4~30

0.4~50

0.4~50

0.4~50

ステンレス鋼(mm)

0.4-12

0.4~30.

0.4~50

0.4~50

0.4~50

アルミニウム(mm)

0.4-12

0.4~30.

0.4~50

0.4~50

0.4~50

真鍮(mm)

0.4-8

0.4~16

0.4~20

0.4~20

0.4~30

 

板金ファイバーレーザー加工機の特長

 

 
 
 
重荷熱分離中空ベッド
 

高負荷絶縁中空床は、高品質の鋼板とパイプで溶接されています。溶接後、超大型ガントリーフライス盤で応力除去焼鈍、二次時効処理、精密加工を行い、十分な構造安定性と耐衝撃性を確保しています。

長期間使用してもベッドが変形することはありません。機器の耐用年数が延長されます

 

インテリジェントスパイラルバキュームダスト除去

インテリジェントスパイラル集塵機はタイムシェアリングシステムで、車のエアアウトレットスイッチ、セクションエキゾースト、ベース下部のバックシール構造の設計により無煙切断を実現しています。 8KWを超える電源は、Gaphiteと銅で保護されています。

 

航空標準アルミビーム

航空グレードの高強度アルミニウム合金ビームは、低慣性で軽量です。内蔵三角形強化構造は、強い剛性と耐衝撃性を向上させるのに役立ちます。
アニール後の粗加工は内部応力を排除することができ、二次振動時効処理後の微細加工はビームの全体の強度および安定性を向上させる。

 

3015Hの切断対応材料

SF3015H金属板ファイバーレーザーカッターは、軟鋼、ステンレス鋼、アルミニウム合金、真鍮、その他の鋼鉄をカットするために使用されます。自動車産業、板金産業、家具産業、広告業界などの応用。

炭素鋼
アルミニウム
サービスについて
24時間オンラインサービス
利用可能な海外サービス
海外支店同期サービス

今すぐ無料の見積書が申請できる
製品に関するお問い合わせ
多分あなたは他のファイバーレーザーメタルカッターについてもっと学ぶつもりです、ちょうど以下のモデルを見て、それがあなたに助けをすることができることを願っています。
関連の商品

クイックリンク

問い合わせ先

 +86-531-88737920
 senfeng@sfcnclaser.com
+86-13210546543

問い合わせフォーム

著作権©2021济南森峰激光科技股份有限公司 権利予約