ロボットレーザークラッディングシステムとは何ですか?

ロボットクラッディングマシンは、工業用6軸ロボットをベースにSunengLaserが独自に開発した大規模なレーザー再生装置です。装置は主に6軸産業用ロボット、ロ旋削工具、2軸ポジショナー、ロボット歩行軸、作業台、レーザー発振器、粉末送り機、クッディングおよびマンマシンインターフェース制御システム構成。

ロボットクラッディング機は、完全な機能、多様な性能、そして強い汎用性を有する。それはシャフト表面、曲面、および特殊形状の部品のクラッドを実現することができる。操作が簡単で維持が簡単です。

ロボットクラッドについて詳しい内容はメールでお問い合わせてください

 

ロボットレーザークラッディングシステムの技術的なパラメータ

 

型番

SFR6063

レーザー出力

4KW / 6KW

機械の長さ

3M / 6M / 9M / 12M

最大回転径

1200mm / 1500mm

最大容量

3T / 10T / 15T

ロボット

FANUC M-10ID / M-20

二軸ポジショナー

スイング120度。360度を回転させる

クラッディングの厚さ

0.1-1.5mm

クラッディング層の特性

回復/耐摩耗性/耐食など

レーザークラッディング機械の特徴

多様性な性能


ロボットクラッディングワークステーションは、シャフトや平面などの単純な表面のレーザークラッディング処理だけでなく、球体や曲面などの複雑な表面の処理にも適しています。

 

高精度と安定性

粉体送り機は、ステッピングモーターの代わりにサーボモーター、フロート流量計の代わりに質量流量計、CNC加工パウダートレイを採用しています。したがって、コーティング機の搬送精度と安定性は、同種の製品よりもはるかに高くなります。

高度な自動化

 

プロセス全体はコンピューターによって制御されます。ロボット機能は高度に統合されており、アプリケーションシステムを直接切り替えることができます。

 

二軸サーボポジショナー

二軸サーボポジショナーはSenfengによって独自に設計されており、複雑な表面や部品の効率的なクラッディングを実現できます。

 

その変位角≤±120°

水平回転テーブル

横型ターンテーブルは、シャフト部品の高速被覆を完成させることができ、主にベッドテーブル、ベッドサイドフレーム、および心押し台シンブルで構成されています。

ベッドプラットフォームとベッドサイドテーブルは、高剛性と衝撃吸収性を実現する高強度鋳鉄製です。

ロボットレーザークラッディング機械の応用

 
ロボットクラッディングワークステーションは、主に材料表面の修正、製品表面の修理、プロトタイプの製造に適しています。

石炭、冶金、オフショアプラットフォーム、製紙、家電製品、石油、造船、石油およびその他の産業で広く使用されています。

 

サービス
24時間オンラインサービス
海外サービスがあります
海外支店はサービスを同期しています
無料の見積も今すぐ申請できます
製品に関するお問い合わせ
おすすめ商品

クイックリンク

問い合わせ先

 +86-531-88737920
 senfeng@sfcnclaser.com
+86-13210546543

問い合わせフォーム

著作権©2021济南森峰激光科技股份有限公司 権利予約